【最新情報】

オンラインビジネスマナーレッスン お申し込みはこちらから!
オンライン子育てコーチング は7月8月はお休みのため、9月より開催予定!

◆40分無料お試しセッションはこちらから!

 

笑心パートナー

細井史恵さん

職業:MC・ナレーター・レポーター・
講師・スピーチトレーナー
長女(1997年生まれ)
長男(2000年生まれ)

山口
史恵さんは、出産後いつお仕事に復帰されたのですか?

史恵さん
長男が1歳の時です。元々は銀行員でしたが、社会復帰は新たな職業のMCとしてスタートしました。母になることが夢だったのですが、長女が生まれてから「私はこのままお母さんでいいの?」「母であること以外に何が残る?」とも考えていました。ある日、子どもを連れて絵本を見に行った図書館で、ふと実用書のコーナーで「主婦からスペシャリストになる本」と出逢い「ブライダルMCになりたい!」と。翌日にはベビーカーを引いて名古屋中の司会事務所を回っていたんです。

山口
史恵さんの行動力、素晴らしいですね!それからどの様にしてMCになったのですか?

史恵さん
第二子の長男を妊娠中に中日文化センターに通い、1年間勉強しました。出産後、長男が1歳の時に某事務所に入所し、司会者としてデビューしました。その時に背中を押してくれたのは実母の「物事にはタイミングがある。縁があるならGOしなさい!」の言葉です。さらに母の妹である叔母も、「子育ては大変だけど、ボーッと子育てだけしていてはいけない!」と。ぶっ飛びました(笑)

山口
さすが史恵さんのお母様と叔母様!たくましいですね。子育てとお仕事の両立はどのように工夫されましたか?

史恵さん
両立した、という意識はないです。むしろ家事や子育てはしっかりしていました。手抜きをすると罪悪感を感じるので。PTA役員なども務め、運動会などの行事の時は必ず仕事は休み、子どものことを優先していました。子育ては「期間限定」ですからね。

山口
私も同感です。お子さんが生まれて一番感じたのはどの様なことですか?

史恵さん
子どもがいない自分の人生は考えられない、ということです。

山口
史恵さんのお子さんへの愛情は、いつも本当にとても強く感じます。お子さんとの関わりで大切にしていることはありますか?

史恵さん
子どもが、「大人になりたい」と思えるように、私自身が楽しそうにしている姿を見せるようにしています。

山口
史恵さん、いつも楽しそうです(笑)。お子さん方に伝わっていると思います。

史恵さん
子どもたちが大きくなっても、朝は必ず玄関まで行き「いってらっしゃい」と送り出すことも心がけています。また、家族の誕生日も大事なので、仕事は休みます。季節の行事も欠かせません。多くの人の手を借りて、子育てしながらお仕事をさせていただいているので、祖父母の存在も大切にしています。おかげで子どもたちは祖父母とも大変仲が良いです。

山口
史恵さんの子育て、尊敬します。今更ながらお手本にしたいです。今はどの様なお仕事をなさっていますか?

史恵さん
MC、ナレーター、レポーターなど映像出演のほか、ミス、ミセスコンテストのスピーチトレーナーなどの講師業です。

山口
今のお仕事を選ばれた理由は?

史恵さん
私は子どもの時すごく不器用で、なんでも人一倍努力していました。でも、お誕生日の司会と音読だけは褒めてもらえたんです。

山口
小さい頃から芽が出ていたのですね。お仕事をする上で一番大切にしていることは?

史恵さん
誠実でいることです。

山口
お仕事と子育てを両立できたコツは?

史恵さん
「ま、いっか」と思うこと。自分を許してあげることです。

山口
そうですよね。私も大切だと思います。これからの夢や目標はありますか?

史恵さん
なるべく長くプレイヤーとして活動し、沢山ナレーションを残したいです。20数年声に携わってきた経験を生かし、今後は「話し方」や「プロトコールマナー」を融合させて、印象アップなどの講師も極めていきたいです。生きづらさを感じている方々が自己肯定感を豊かにできるよう、カウンセラーなどでお役に立てたらいいですね。

山口
史恵さんの更なるご活躍が楽しみです!今お子さんが小さく子育てに頑張っているママさんたちに、メッセージをお願いします。

史恵さん
今、100点満点の完璧でなくても、必死に愛情を注いでいけばきっと伝わります。お子さんが大きく道を踏み外すことはないと思います。失敗したっていい。子育てに「失敗」なんて、ないんです。

❤︎ 山口から一言

細井史恵さんは、声のお仕事でご活躍だけでなく、Mrs.JAPAN NAGOYA2018でBest evening gown受賞、Model Fashion World 2021ではGrand Prixにも輝かれています。外見は勿論、内面もしっかり磨かれ、美意識も仕事へのプロ意識も高いのですが、お料理やお裁縫なども得意で、母として女性として見習いたいところばかりです。
プロトコールマナーの勉強中とのことですので、今後もますます活動を広げていかれることと思います。
細井史恵さんのご活躍、お仕事のお問い合わせは細井史恵さんのFacebookをご覧ください。