最新ニュース

新入社員必見!第一印象を上げるコツ、5選!!

名古屋を中心に、コーチング、研修、オンラインセミナーを提供するプラス・エムです。

「第一印象が悪くてソンをしている気がする」

「就活、転職の面接で自信が持てない」

「接客、営業で相手に好印象を与えたい」

第一印象をどのようにアップさせれば良いか分からず、悩んでいませんか?

最初の印象が悪ければ、その後の関わりの中で印象を良くして、挽回していければ良いですよね。

ただ、就職活動の面接や、接客・訪問販売など、第一印象が悪くて後につながらない場合もあるので、やはり最初が肝心です!

当社は2011年からビジネスマナー研修で、「第一印象の大切さ」「第一印象アップの方法」などをお伝えしています。

これまでに研修で関わってきた2000名以上の方の第一印象を参考にし、「第一印象を上げるコツ、5選!!」についてまとめてみました。

目次

◯第一印象を上げる5つのポイント

◯第一印象を上げる簡単なコツ

 1.人は最初に顔を見る

 2.オーラを変えるには

 3.深呼吸していますか

◯第一印象は「思いやりの心」

◯プラス・エム のビジネスマナー研修

◯第一印象を上げる5つのポイント

【笑顔】

笑顔はどんな印象を与えますか?

優しそう、明るそう、穏やかそう、否定しないで受け止めてくれそう・・・悪い印象はありません。

【アイコンタクト】

人の話は目を見て聞こう、目は口ほどに物を言う、嘘をつくと目が泳ぐ・・・一般的に言われていることですよね。

【身だしなみ】

TPOをわきまえた身だしなみが出来ない人は、社会人として失格です。

【姿勢】

背中を丸めて下を見ていると自信がない印象を与え、前向きな意欲は伝わりません。

かといって、ツンと上を向いているのも感じが悪いです。

【話し方】

「話す場面」には目的が伴います。最初の挨拶や自己紹介は、相手に聞こえなければ目的は果たせませんよね。

以上が第一印象を上げる5つのポイントです。

「メラビアンの法則」をご存知ですか?

話し手が聞き手に与える影響について、「視覚」「聴覚」「言語」の3つの情報の視点からデータ化したものです。

この法則によると、視覚情報・・・55%、聴覚情報・・・38%、言語情報・・・7%、つまり、見た目が大事。

また第一印象がどのくらいの時間で判断されるか、については諸説ありますが、私がこれまでに関わった受講者からのデータによると、数秒から30秒間くらいであると言えます。

以上のことから、第一印象アップのコツは、はじめの自己紹介や挨拶のシーンで、笑顔、アイコンタクト、姿勢、身だしなみ、話し方に意識を向けることです。

◯第一印象を上げる簡単なコツ

.人は最初に顔を見る

人と初めて会う時、足元から見る人や、指先を見る人は稀ですよね。

大抵の人は相手の顔を見て挨拶をすると思います。

その時の顔が怖い形相や、自信の無さそうなオドオドした表情だったらどうでしょう。

就職の面接であれば、一発でアウト!です。

こちらが挨拶をしているときに下を向いていたり、よそ見をしていたりすると、とても感じが悪いですよね。

「こんにちは!」 「はじめまして!」

最初の場面で、口角を上げて優しい眼差しでにっこりと、印象の良い笑顔で挨拶ができるとバッチリです。

とは言え、ここぞと言う場面で最高の笑顔を作るのはなかなか難しいですよね。

普段使っていない表情筋を使うと、顔が引きつったりわざとらしい笑顔になってしまいます。

日頃から鏡を見る習慣を付けて、笑顔の確認と練習をしましょう。

朝顔を洗った後や外出先でお手洗いへ行った時など、一日の中で鏡を見る機会はあると思います。

ポイントは、口角を上げて、優しく目を細め、しっかりアイコンタクトを取る です。

.オーラを変えるには

全体から放つオーラを変えるには、顔の表情や笑顔だけでは難しいです。

55%を占める「視覚的情報の印象」を上げることが大切なので、身だしなみと姿勢を整えましょう。

その場にふさわしい服装や髪型であるか。

自信に満ちていて、相手に信頼感を与えられる良い姿勢であるか。

笑顔チェックと同様、日常の中で鏡を見る時に、身だしなみと姿勢を確認すると良いですね。

良い姿勢のポイントは、肩甲骨を寄せて胸を張る です。

鏡に向かって横を向き、背中がピーンと張っているのを確認しましょう。

.深呼吸していますか

最初の自己紹介や挨拶の場面で、緊張のあまり小さな声しか出なかったり、声が震えてしまったりすることはありませんか?

初めて会った時の第一声の話し方は、とてもインパクトを与えます。

相手に届く声の大きさで、程よいテンポで、明るい挨拶をするためには、呼吸を整えましょう。

声は、息を吸う時ではなく、吐くときに出ますよね。

緊張感が高まると、息を吸いすぎ過呼吸気味になり、さらに緊張してしまいます。

まずは息を出し切り、次に新鮮な空気を十分に取り入れ、吐く息にしっかり声を乗せて発声します。

明るく安定した大きな声で最初の挨拶が出来ると、「よし、大丈夫!」と自分自身も安心しますよね。

ポイントは、吐く、吸う、吐く(声を出す)の深呼吸 です。

◯第一印象は「思いやりの心」

第一印象上げることは、自分を良く評価してもらう、自分のためでしょうか?

相手不快にさせない気遣い心遣いであり、相手のためにすることです。

「思いやりの心」とも言えますね。

その場にふさわしい笑顔、身だしなみで、その場の目的にあった振る舞いができる人は、相手を思いやることができる人。

それができる人が結果として、相手に好印象や信頼感を与えることにつながるのではないでしょうか。

◯プラス・エム のビジネスマナー研修

プラス・エムでは名古屋を中心に、新入社員や部下を指導する教育係、中堅社員向けのビジネスマナー研修を提供しています。

第一印象の重要性や印象を上げる方法の他、以下の項目についても詳しくお伝えします。

・正しい敬語の使い方

・電話対応

・名刺交換

・接客マナー

・メールの書き方

・社会人の必須、報連相

以下のようなご要望をお持ちの企業様からご支持を頂いております。

「入社後、率先力となる新入社員を育てたい」

「今更聞けない正しいマナーを知りたい」

「部下に恥ずかしくない基本の知識を確認したい」

名古屋から全国どこへでも出張可能。オンライン(zoom)を使用しての研修も対応出来ます。

ビジネスマナー研修の他、コミュニケーション研修など、ご要望にお答えします。

詳細についてのお問い合わせは、プラス・エムホームページの「お問合せ」からアクセスください。

プラス・エム代表egokorom
プラス思考で人生をステップアップ!
あなたの一歩をサポートするコーチの山口麻利です。

26歳より冠婚葬祭、イベント、式典などの司会の仕事に従事。40歳より、企業・大学などで研修講師としての活動も開始。ビジネスマナー、コミュニケーション、話し方、ストレス研修等担当。

国際コーチング連盟 プロフェッショナル認定コーチ、一般財団法人 生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチとして、経営者やリーダーの方のゴールや目標へ向けて、パーソナルコーチングを提供しています。
※笑心は登録商標です(登録第5884241号)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by Valeriadem

    для вас виртуальный помощник, игровые автоматы джой играть джой казино вывод средств